マナブ間部

 

マナブ間部
Manabu Mabe

Biography

熊本県宇土郡不知火町生まれ(1924年)。10歳の時に両親とブラジルへ渡る。初期は具象画、後期は暖かな色調・筆の抽象画の作品を制作し、ブラジルのピカソと呼ばれる。
日本で開催された個展を終えた後、ヴァリグ・ブラジル航空機遭難事故で代表作の大半を失い、その後14年かけて喪失した1点1点を描き直したエピソードは有名。1997年に73歳で逝去。

1950年 サンパウロ作家協会展入選。
1959年 第5回サンパウロ・ビエンナーレ展・国内最高賞受賞。
1960年 第30回ヴェネツィア・ビエンナーレ・フィアット賞受賞。

・このページに掲載されている作品は全て当ギャラリーの所蔵作品です。作品に関する詳細・価格等はこちらからお気軽にお問い合わせください