岡本太郎

 

岡本太郎
おかもと たろう

Biography

神奈川生まれ(1911)。東京美術学校に入学後、1930~1940年までパリに居住。数々の芸術運動に参加する一方、パリ大学で哲学・社会学・民族学を専攻、ジョルジュ・バタイユらと親交を深める。
復員後、創作活動を再開。現代芸術の旗手として次々と話題作を発表した。
近年では巨大壁画「明日の神話」再生プロジェクトが記憶に新しい。また2016年から、代表作「太陽の塔」の内部の再公開に向けた耐震補強工事が実施される。

1953年 パリ、ニューヨーク、ワシントンで個展を開催。
1959年 国際建築絵画大賞。
1970年 大阪万博テーマ館「太陽の塔」は国際的な話題となる。
1996年 逝去。

 

・このページに掲載されている作品は全て当ギャラリーの所蔵作品です。作品に関する詳細・価格等はこちらからお気軽にお問い合わせください